So-net無料ブログ作成
~お知らせ~


*参加予定イベント*



~+bell~
日時:11年7月5日(火) 10:00~14:00
場所:美鈴モール リ・ラクス 2F 
「+bell」の一員としてお手伝いさせていただきます。 
ステンドグラスペンダントの講習を行います。 詳細はこちら

~ミヤカグ 夏休みイベント クラフト祭り2011~
日時:11年7月29日 30日 31日 10:00~17:00
場所:ミヤカグショールーム内       広島市佐伯区利松3丁目5-19 
30日 31日に万華鏡作りを担当いたします。 詳細は こちら

フュージング ブログトップ
前の10件 | -

ペンダントとチョーカー [フュージング]

ペンダントとチョーカーを作ってみました。

PAP_0171
PAP_0173 

それと、ケースの中に眠っていた
タイピン用の貼り付けパーツにも

PAP_0172 

ブローチ代わりに使えると思います。

PAP_0174

でもって、今日は息子の通う幼稚園で用事があったので
家に帰って、再び幼稚園に息子を迎えに行く間に
接着作業、乾燥中です。


mottainai [フュージング]

まんまるちゃんを作る時とか
ちょっと、実験してみたりだとか
焼きむらがあったりだとかで
少し、形が悪かったり、色が流れたりとか
アクセサリーには使えないけど・・・・・
と言うのがいくつかあったので

PAP_0170

PAP_0169

画鋲に貼り付けました。
こんなに作って、どうするよ~?って感じではありますが
って言うか、こんなにあったのか・・・・・・。


モノには裏と表とありまして その後 [フュージング]

昨日のブログで書きましたが
徐冷が終わったので、その後を・・・・・・。

PAP_0166 
これ、画像だと、ちょっと違いがわかりにくいかもしれませんが

PAP_0164
これが 裏側です。

ダイクロガラスのまんまるちゃん

ダイクロガラスとは・・・・・。
表面に金属(金・銀・銅・チタン)を真空蒸着させた
見る角度により、違った2色の色を持つガラスです。

と言うわけで、ダイクロガラスにも
金属を蒸着させた側と、ガラス側の裏表がありまして
このまんまるちゃんは 焼くときに
ダイクロガラスの上に、透明なガラスを被せています。

で、今までは 金属を蒸着させていた面を上にして
その上に、透明ガラスを被せていました。
すると、画像の、下の段のような、まんまるちゃんになります。

で、今回、金属を蒸着させていた面を 下にして焼きました。
すると、上の段のような、まんまるちゃんになります。

上の段のものは、ダイクロガラスのギラギラが
割と残るような感じがします。

下の段のものは、ヘアピンの台につけると、下の台が
透けて見えることがあります。
でも、ダイクロが 中に、もわっと広がった感じが好きです(笑)

PAP_0163
色つきのガラスで
色の濃いガラスだと、金属を蒸着した面を上にすると
ダイクロが見えなくなってしまっていたのですが
下にしたら、ちょっと、ギラギラは残りました。
(ダイクロの色はわかんなくなるんですけどね(^_^;))

PAP_0167

とは、昨日の黄色の蝶々に加えて
赤・緑・青・ピンク・紫を作りました。

でも、万華鏡が作れなかった・・・・・・・・orz
鏡を組むのに時間がかかって
しかも、まだ組めてない。
何回、作り直せばいいんだろう・・・・。


はぁ~~~~~~~~~~~~~~。


モノには裏と表とありまして [フュージング]

今日も、またまた、まんまるちゃんの日々です。
いつまで、どこまで、いくんだろう?と思うところなんですが
今日のまんまるちゃんは、ちょっと違う感じで焼いて見ました。

と言っても、まだ 徐冷がすんでいないので
赤々としている窯の中を・・・・

PAP_0162 

この四角いガラスが~

PAP_0161

こんなに、まんまるちゃんになるんです。

そして、そんなことをしながら
今日もまた、余った透かしパーツをガラスに挟んで半田付け

PAP_0159
こっちが表
PAP_0160
こっちが裏

2枚のガラスのうち一枚をテクスチャ入りのガラスにしたのですが
どっちからも、使えそうだったんで
それぞれ違う感じで、半田を施しました。

あとは

PAP_0158

こんなのとか
これは、色違いで、いくつか作っている途中です。


昨日のその後 [フュージング]

乾燥中の合体ちゃんも完成

DSC00256 

れちぇで、購入した 三連ヘアピンもこんな感じ。

DSC00260
丸皿付のリング台を購入していたのだけれど
そのまま、貼り付けるのもさびしいよなぁと
ずっと、眠っていたものが
合体ちゃんすることで、ちょっぴし華やかになった!

で、昨日のステンドグラスのものにも
丸カンを付け

DSC00240 DSC00241

バックが、ダンナのフリースですみませぇん。。。(^_^;)

とりあえず、一番手近にあった、赤の皮ひもつけてます。
これは、自分用に~。

続きを読む


ステンドグラスもやってみる。。。 [フュージング]

今日は、まんまるちゃんを焼きながら
後、他に実験中のものも焼きながら
ちょっと、半田ごても持ってみました。

ガラスに挟み込めないかなぁ~と思って
いくつか買った、透かしパーツ
挟んでOKだったのもあったけれど、ダメだったのもあり

ダメだった物の残りを、どう使おうかなぁ~?と
考えていたんですけれど

例えば、ヘアピンにくっつけた

DSC00236

これのように、ヘアピン台にくっつける??
でも、この透かしパーツは くぼみがあるけれど
ガラスに挟むようだったので、平らなパーツ。

平らなパーツに、ぽこっと、まんまるちゃんが出てるのは
どうも、しっくりいかない・・・・・・・。

残るは・・・・ありきたりなんだけど
ガラスに挟んで、焼かないで、ハンダ付け。

と言うわけで

DSC00229
4つ、それぞれちょっとずつ変えてみてます。

DSC00230
これは比較的ノーマルに
DSC00234
こっちはちょっぴり、飾り半田(目立たないけど(-_-;))

DSC00231 
こっちも、ふちに飾り半田を施しました。

DSC00232 
これは、焼いたほうのガラスなんですけれど
ちょっと寂しかったので、半田をしてみました。

これは この後、丸カンをつけて、どうしようかなぁ??(笑)

DSC00221
息子を迎えにいった後は、家の中でヘアピン作り。
これは、乾燥中の状態です。

今回の作品、三連のヘアピンの配色は
ほとんど、息子セレクションです。

あ、他のヘアピンも半分以上は、息子セレクションです。

自分で選ぶのも良いけれど
子供の目線で、意外性があるのも新鮮かなぁ?と思いまして・・・。


ヘアピンを作りました。 [フュージング]

この日の日記に

DSC00165 

このパーツ(ヘアピン台)、どこで買ったんだったかなぁ
って、書いたんですけど

よくよく考えたら、普通の丸皿付のヘアピン台に
自分で、透かしパーツをつけて作ったものでした(^_^;)

そんなわけで、今日は 街中に出たついでに
パーツクラブで、色々と透かしパーツを購入。

DSC00159 

それに~、れちぇで購入していたヘアピン台を

DSC00164

くっつける。

さらに、それにまんまるちゃんを くっつける

DSC00169 

こんな感じで・・・・・・・。


まんまるちゃん [フュージング]

そんな絵描き歌が昔あったなぁ・・・。

で、前回は イクラだったりとかカエルの卵みたいだったりとか
そんなものを作ってしまったわけですが

SN3D0081 (1) 
ダイクロガラスを使ったまんまるちゃんです。

まぁ 何個か失敗もありましたが、おおむね成功。

SN3D0082 (1)
こんな感じでヘアピンに貼り付けたりします。

写真ではまったくわからないのですが
光の反射でダイクロガラスは色が違って見えたりします。

SN3D0086
台座に取り付けてみたもの
あ、1個はまだ貼り付けてなくて、置いただけですけど・・・。

SN3D0083 (1)
透かしパーツ付の台座につけると
ちょっと、大人っぽい雰囲気でしょうか?

このパーツ、どこで買ったんだったかなぁ????

SN3D0085
SN3D0084
以前、”れちぇ”で購入したヘアピンの台に合わせると
こんな感じに・・・・・。

この台に乗せたくて、まんまるちゃんを焼いたんですけど
大きさがぴったりで良かった(笑)

あ、これも置いただけで、貼り付けてはいないです。
どの色の組み合わせにしようか、目下考え中です。

このサイズ、色々使えそうなので
もう少し作ってみるつもりです。

続きを読む


一瞬、美味しそうに見えました。 そして、美味しいものも食べました。 [フュージング]

今日も、ちょっとだけフュージングの作業。

SN3D0079 
丸っこいのを色々焼いてみました。

SN3D0080
モレッティの板ガラスに
同じくモレッティのガラス棒を短くカットして
上に乗せて焼いてみました。
実は、モレッティの赤系のガラスの中には
焼く前と色と変わるものがあり
何色か覚えてないガラスを使ったら
こんなんになってました。

「・・・・・イクラ??」

もう一個は かえるの卵のような・・?

この、赤い丸をもう少し小さくすれば
より、イクラっぽくなるかなぁ?とか考えてしまいました(^_^;)

SN3D0081
これは スペクトラムのガラスにダイクロガラスを乗せたもの

SN3D0082
これはモレッティのガラスにミルフィオリを乗せたもの
スペクトラムのガラスと同時に焼き
そっちを丸くなるまで焼いていたら
こちらは焼きすぎになってしまい
ちょっと模様が流れた感じがします。

SN3D0083 
金具の台座に乗っけるとこんな感じ。

続きを読む


焼きあがりましたよ [フュージング]

PAP_0152
徐冷をすませ、窯から取り出してみました・・・・・・。

挟んだ金属は2種類
銅(と思われる)と真鍮(のはず)

おや?

PAP_0151
こんな悲惨なことに(^_^;)
金属の一部が飛び出してます。
真鍮を挟んだものは全部こんな感じで
金属部分がはみ出してました。

上に乗せたのは透明のガラス板なので
飛び出すとはどういうことか?

と考えてみると
気泡がかなり出ているので
焼いている間に、金属からぶくぶく気泡が出て
それがぱちんとはじけた と言うことなのかなぁ?と

PAP_0150
こっちとは、ずいぶん違いますねぇ。
でも、銅板は焼くと赤くなるので


これも、実は銅ではないとか
もしかしたら、なにやらメッキとかの関係が
あるのかもしれませんねぇ。

そのほかは、時々作っていたものではありますが
PAP_0148 
ダイクロガラスの上に色ガラスを
青いほうは色が濃すぎたようで、ダイクロが見えず(^_^;)

PAP_0149
これは逆に 色ガラスの上にダイクロガラス
焼きすぎたせいなのか、ちょっとひび割れてます。

まぁ、色々やってみよう。

続きを読む


前の10件 | - フュージング ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。